• このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと入院をしていました。ワクワクメールなどの出会い系サイトから遠ざかっていました。

期間は1週間ほど。

扁桃腺の手術をするためです。もともと扁桃腺が弱くてしょっちゅう腫れていました。

思い切って扁桃腺を取ってしまおうと決断をしました。

このブログを読んでいる方で扁桃腺手術に興味がある方は【実録】扁桃腺切除手術 やってみたらこんな感じでした①~経緯から手術前まで~を参考にしてみてください。

ナースに会い放題!最高な1週間になるはずだった

入院初日は心電図や血液検査などを一通りしました。生の看護師に胸もドキドキです。

自分は今まで出会い系サイトで34歳の看護師と遊んでいます。

他にも数人の看護師と遊んでいます。

また会わなかった23歳の看護師などもいます。ワクワクメールなどには看護師がたくさんいます。

そういったこともあり、

看護師=エロ

といった図式が出来上がっているのです。

とは言っても次の日は手術。

自分にも余裕がありませんでした。

で、手術当日。

うまれて初めて導尿というのを入れて、全身麻酔をしました。本当に病人になったときは看護師にエロい気持ちにならないものです。

まず最初に剃毛。

これは看護師がやってくれました。年齢は30歳ぐらいのちょっと加齢臭が出てきた小奇麗な人。芸能人でいうとかつみ・さゆりのさゆりをかキレイにした感じ

剃毛されるまでは勃起したらどうしよう!確実にナースステーションでバカにされる。

自分の入院生活が真っ暗になってしまうと危惧していました。

しかし、これから始まる処置のために緊張しているのか剃毛されてもまったく勃起せず。息子は元気のないままでした。

次に導尿。

これも管を入れる痛みのせいでまったく無反応。

その後。手術が終わり、体をふく。尿の管を取るときなども勃起です。

病人の時は本当に息子は元気じゃなくなります。

退院前日になり元気になった自分

スケスケなナース

退院の前日ぐらいには体調も戻ってきていたので、エロいことを妄想していました。ナースの服装が薄着なんです。病院が暑いせいなのでしょうか。

パンツやブラジャーの線がくっきり。色も出てきます。さすがに勃起していました。

あぁ元気なときに入院したら、ナースでオナニーしまくったろうなー。

仕事をしているときの彼女たちは魅力的でした。口元にマスクをしているせいあって、みんなきれいに見えたもんなー。

退院後はハッピーメールを中心にナースを探す旅に出ています。あともちろん、ワクワクメールも。

ナースとの出会いが成功したら、このブログで記事をUPしたいと思います。

最後に…。

最近こんなネットニュースを発見しました。“透けないナース服”の衝撃…開発を競う白衣メーカーの「長年にわたる大きな難題でした」

もしこんなのが実用化されたら、男性入院患者は何を楽しみに入院していればいいのでしょうか…。